外国製の洗濯機は品質がイマイチだった。国産でも選び方によっては納得いく家電を買えるわけではない

洗濯機選びは乾燥機能が重要です
サイト内検索(by Google)

外国製の家電製品である洗濯機

以前洗濯機の調子が悪くなったので、お金があまり無いので外国製のよく分からないメーカーの安いものに買い替えました。しかしつけ置き設定にしたのに勝手に洗ってしまったり、洗っている最中に止まってしまったりかなり精神的にも疲れます。とくに厄介なのが、水量が多く必要な点です。お風呂のお湯を洗濯機の中に入れて再利用しているのですが、お湯をいれても洗濯機に水が貯まりません。排水されてるのかなと思ったのですが、バケツ3杯入れたところで貯まり始めました。つまり、バケツ2〜3杯分は洗濯機の奥まで入ってしまい無駄に水が必要なのです。すすぎ洗いも考えると凄くムダです。家電製品は高いものほど電気代や水道代が節約できると思っていましたが、まさかここまで無駄があるとやはり安いものは考え物だなと思いました。最近母は昔の家電は高かったけど、何十年も長持ちして良かったわねと言います。安いのにはそれだけの理由があるからなのでしょう。

次に洗濯機を買う時は少し高くても、国産のメーカーにしたいと考えていますが、国産でも納得いかない商品だったという人もいるようです。海外メーカーに比べたら値段も高いし、様々な機能が付いているのでとても良いものを期待します。例えばカビが生えない、自分で掃除するので汚れにくいという謳い文句でも、絶対に汚れがつかないわけではありません。節水が売りなのに、汚れが排水されにくく何度も濯ぎをすることになっている人もいるようです。

Copyright (C)2017洗濯機選びは乾燥機能が重要です.All rights reserved.